ずるい韓国語

いかに楽して韓国語をおぼえるかを日々研究しているブログです。

ちょっとすっきり!漢字語の読み方【生=생(セン)】

「生」は日本語でも読み方が多いことで有名ですが、よく使う音読みは「ショウ」・「セイ」。

どちらも韓国語の「생(セン)」とは違っています。

日中韓の発音

日本語(音読み)

  • 呉音 : ショウ(シヤウ)
  • 漢音 : セイ
  • 唐音 : サン

韓国語

  • セン [saeng]

※マッキューン=ライシャワー式表記

中国語

  • shēng(普通話)
  • sâng(客家語)

※客家語は中国語の一方言。日本に漢字が多く入ってきた唐・宋代の発音をよく残しているため、日本語との類似が多いと言われています。この発音を確認することで、日本の発音が変わったのか中国・韓国側で発音が変わったのかを知る手がかりにもなります。

発音が違う理由

唐音が普及していない

おそらく一番明解な理由はこれで、日本も中国・韓国と近い「サン」発音を唐音として持っているが、 ほとんど使われていないのでずれが生じている、ということでしょう。

「サン[san]」・「セン[sen]」の違いについては、もとの音が「ア」と「エ」の中間のような音のため、 それぞれ「ア」に近い音、「エ」に近い音で写した結果、違いが出てしまっているのではないでしょうか。

呉音「ショウ」→漢音「セイ」

とはいえ日本人に馴染みがある発音は、唐音「サン」よりも呉音「ショウ」と漢音「セイ」でしょう。

この呉音→漢音の変化はよくあるパターンで、原音[ng]に対して、日本で撥音「ン」がなかったため 呉音の時点では「ウ」、漢音の時点では「イ」で音を写しました。

www.zuru-kan.com

「ウ」→「イ」に変わった理由は明確ではありませんが、おそらく原音側で多少音が変わったことが日本側の音に反映されているのではないかという説があります。

その後唐音の時代には撥音「ン」ができたため、原音に近い表記で受け入れるようになっています。

また呉音だけ「ショウ」という発音になっているのは、[eu]→[ɔː]という長音化が発生したためです。

www.zuru-kan.com

原音「シェン」
↓↓
受け入れ時「シェウ」(ン→ウ)
↓↓
長音化「ショウ」([eu]→[ɔː])

関連語

生 / 생(セン)

  • (ソ):先生
  • 핱(セファル):生活
  • 명(セミョン):生命
  • 뭍(セムル):生物
  • 산(セ):生産
  • 선(セ):生鮮
  • (イ):人生
  • (フィセ):犠牲