ずるい韓国語

いかに楽して韓国語をおぼえるかを日々研究しているブログです。

いつかきっと役に立つ日本語の話【有声音・有気音・激音】

日本語でカ行とガ行などの対比は、「清音」と「濁音」といいます。

これは声帯を振動させるかどうかによる違いで、それぞれ「無声音」「有声音」に該当します。

日本語に限らず諸外国語でも一般的に音の弁別に利用されるものです。

しかし中国・韓国語では珍しいことにこの区別がなく、 逆に日本語にはない「息を吐く強さ」で音を弁別する仕組みになっています。

知っておけば、日本人が韓国語を話すときに間違いやすいところがわかるはず。

今日はそんな「有声音」と「有気音」「激音」の話です。

いつかきっと役に立つ日本語の話

韓国語と日本語の音のずれを調べていると、 かなりの頻度で日本語の歴史や仕組みに踏み込んでいくことになります。

知らなくてももちろん韓国語は勉強できるんだけど、 知っていればよりロジックに沿って納得感を持って韓国語を覚えられるはず。

というわけで、韓国語勉強には遠回りなように見えるけど、 きっとそのうち役に立つはずの日本語のトピックをまとめるコーナーです。

無声音/有声音とは

無声音・有声音とは、音を発するときに声帯が振動する音とそうでない音のことです。

わかりやすい例では、日本語の清音・濁音の区別がほぼこれに該当します。

清音=無声音 濁音=有声音
t(タ行) d(ダ行)
k(カ行) g(ガ行)
p(パ行) b(バ行)

「p/b」の対立だけ半濁音と濁音になってますが、これは日本語でハ行音が辿った複雑な変遷が原因のようです。

かいつまんで言えば、日本語の「ハ行」は「p→h」に変化しており、 元を辿ればちゃんと(っていうのかわからないですが)p/bで対立していた、という感じでしょうか。

ここまではふむふむという感じですが、実は中国人/韓国人はこの区別が苦手、というかこの区別が言語として存在しません。

そのため[g]で発音すべきところを[k]と清音で発音してしまう、というのが典型的な例としてよく見られます。

日本人も[l]と[r]の弁別が苦手だったり、言語ごとに音を弁別する要素は異なるので、ある程度差異があるのは当然です。

この無声音/有声音の区別を持たない彼らが代わりに持つのが、次の無気音/有気音(韓国語では平音/激音)の区別です。

無気音/有気音(平音/激音)とは

たとえば韓国語では、日本人には同じ「カ」に聞こえる音でも、 息を吐く強さで2種類の「カ」があります。

  • ㄱ [k]
  • ㄲ [kʰ]

これを韓国語ではそれぞれ「平音」と「激音」と呼びます。 (中国語では「無気音」「有気音」に該当)

韓国語で「カササギ」は「까치(ッチ)」ですが、 「一緒に」という意味の言葉も「같이(カッチ)」。

鳥の名前を教えてもらって必死に「カッチ」と発音しても、 全然違うって何回も言われた経験がありましたが、きっとこの違いだったのですね。

鳥の「カッチ」は激音なので、強く息を吐きながら発音する「ッチ」だったようです。

音の強さで言葉が変わるとか知らないので、そりゃ困惑しますよね。。

ただ韓国語では日本で言う濁音が存在しないわけではなく、 文頭では平音で文中では激音、という別のルールでこの違いを使用しているようです。

ちなみに韓国語では、この平音・激音に加えて、 濃音という日本語の促音(ッ)に近い発音もあります。

まとめ

というわけで、中国人・韓国人が日本語の濁音を濁らず発音しがちなのは、こういう理由によるものでした。

同じように日本人が韓国語を話そうとすると平音・激音の違いに苦労するはず。

それは英語の[l]と[r]が区別できないように、自分の言語で区別していない音を区別するということによるものです。

違いを知ってれば自分が間違えやすいところも意識できるはずなので、 なんとか注意したいものですね。

とはいえこういうのってやっぱり難しいんですが。。