ずるい韓国語

いかに楽して韓国語をおぼえるかを日々研究しているブログです。

せめて理由を知りたい発音の違い【合成母音ㅐ(エ)の漢字語】

日本語の「案内(アンナイ)」は、韓国語では「안내(アン)」。
こういう風に、日本語で「アイ」の発音が韓国語で「エ」になっているケースはよくありますね。

今回は「アイ」と「エ」の関係について調べてみたいと思います。

せめて理由を知りたい発音の違い

韓国語でも漢字がベースになっている単語は、日本語と発音も似ていることが多く、日本人にとっては覚えやすい単語です。

ただ中には同じ漢字なのに発音が全然違うものもあり、やっぱり違う言語だからなーと諦めて丸暗記に向かいがち。

違う言語なのでもちろん発音が違うのはしょうがないですが、歴史をさかのぼればなぜいま発音がずれているのか、その理由くらいはわかったりするかもしれません。

丸暗記はしんどいので、理由を知って少しでもロジカルに覚えられるようにしたい、というのがこのコーナーです。

発音違いのパターン

合成母音「(エ)」の漢字語

日本語の発音 韓国語の発音
ai(アイ) ε(エ)

日本語の発音 韓国語の発音
大(ダイ) 대(テ) *1
改(カイ) 개(ケ)
内(ナイ) 내(ネ)
毎(マイ) 매(メ)

発音が違う理由

合成母音「ㅐ」は「ㅏ(a)」+「ㅣ(i)」で、昔は表記どおり「ai」と発音していました。

しかし中期朝鮮語と呼ばれる時代から現代の朝鮮語に移る過程で、合成母音「ㅐ」の音が、「ai」から「e」に変わったのです。

その結果、日本で「アイ」と発音する漢字を韓国では「エ」の音で発音するようになり、両国で発音に差がでることになりました。

ちなみに、「ai」の音が「e」に代わるのは言語学的にはそれほど珍しい話ではないらしく、他の言語でも同様の変化はよく起こっているようです。

いやいや全然音違うでしょ、と言いたいところですが、言われてみれば日本語でも同じような変化はあったりします。

  • 「ない」→「ねー」
  • 「あたたかい」→「あったけー」

うん、たしかに。

発音がしやすい方向に変わっていく結果、こういう変化が起きるようです。

関連語

「ㅐ」の漢字語は非常に多いので、この発音変化はよく出会うパターンです。

なのでこの変化を意識するだけで、かなりの漢字語で発音に納得感が出るかもしれません。

大 / 대(テ)

  • 학(テハ):大学
  • 인(テニン):大人

改 / 개(ケ)

  • 찰(ケチャ):改札
  • 혁(ケヒョ):改革

内 / 내(ネ)

  • (アンネ):案内
  • 각(ネカ):内閣

毎 / 매(メ)

  • 일(メイ):毎日
  • 년(メニョン):毎年

参考文献

*1:韓国語で漢字の音は単体では濁音にならないので、「大」は「テ」と発音します。