ずるい韓国語

いかに楽して韓国語をおぼえるかを日々研究しているブログです。

せめて理由を知りたい発音の違い【カ行・ハ行・パ行の複雑な関係】

日本語では「韓国(カンコク)」と読むけど、韓国語では「한국(ハン)」。
「韓」に限らず、日本で「カ行」で発音する音が韓国では「ハ行」になっているケースはよくあります。

今回はこのカ行とハ行、ついでにパ行も合わさった複雑な関係を調べてみたいと思います。

せめて理由を知りたい発音の違い

韓国語でも漢字がベースになっている単語は、日本語と発音も似ていることが多く、日本人にとっては覚えやすい単語です。

ただ中には同じ漢字なのに発音が全然違うものもあり、やっぱり違う言語だからなーと諦めて丸暗記に向かいがち。

違う言語なのでもちろん発音が違うのはしょうがないですが、歴史をさかのぼればなぜいま発音がずれているのか、その理由くらいはわかったりするかもしれません。

丸暗記はしんどいので、理由を知って少しでもロジカルに覚えられるようにしたい、というのがこのコーナーです。

発音違いのパターン

日本語の発音 韓国語の発音
k(カ行音) h(ハ行音)
h(ハ行音) p(パ行音)

カ行→ハ行の例

日本語の発音 韓国語の発音
韓(カン) 한(ハン)
休(キュウ) 휴(ヒュ)
戸(コ) 호(ホ)

ハ行→パ行の例

日本語の発音 韓国語の発音
拍(ハク) 박(パク)
把(ハ) 파(パ)

発音が違う理由

日本語のハ行変わりすぎ問題

日本語は歴史上何度か大きな発音の変化を迎えていますが、間違いなくそのなかでも最大のものの1つがハ行の発音です。

歴史的には、日本語でハ行の発音は

パ・ピ・プ・ペ・ポ(子音: p)
 ↓↓
ファ・フィ・フ・フェ・フォ(子音: f)
 ↓↓
ハ・ヒ・フ・ヘ・ホ(子音: h)

という変遷を辿ったと言われています。
(もっと言うと、このあとさらに文中のハ行音がワ行音に代わるハ行転呼も起こっています)

つまり昔(奈良時代以前とする説が多いようです)は、「はひふへほ」と書いて現在の「パピプペポ」に近い音で発音していたようです。
(余談ですが、万葉集の歌を当時のパピプペポ発音で読むと、なかなかファンキーです)

その頃に中国や朝鮮から、現在のハ行音で発音する漢字も入ってきました。
ただ日本側でそれに該当する音がなかったため、一番近いと思われた「カ行」の音で輸入したそうです。

いやいや「ハ」と「カ」って全然違いますやん

一瞬納得した気もしたけど、まぁつっこみたくもなりますよね。
「ハ」がなかったら「パ」の音で受け入れたらいいじゃん、という気もします。

しかし「パ(p)」の音は破裂音と言って、一度口を閉じて空気を破裂させるようにして出す音です(文章にすると大げさ感がすごい…)。

日本語では「は」「ぱ」と書くので音が近いように感じますが、改めて意識してみると唇の動きはけっこう違います。
口の形に注目すると、たしかに「は」と「か」のほうが近いっちゃ近いような気も、しなくもないでもない。

まぁ現代の日本人がrとlの発音を区別しにくいように、もしくはフランス人がhの音を全然認識できないように、 その言語が使ってない音の認識なんてその程度のものなんじゃないでしょうか。

ともあれ、韓国ではこうした問題はなかったため、ハ行音の漢字も原音に近い形で輸入されています。

こうした理由から、日本人がふだんカ行音で発音する漢字が、韓国語ではハ行音で発音しているという事態が発生しているようです。

ハ行・カ行・パ行の複雑な関係

注意したいのは日本語でカ行の漢字が韓国語で必ずハ行になるわけではないということです。

表で整理するとこんな感じでしょうか。

日本語の発音 韓国語の発音
k(カ行) k(カ行) 各(カク)・ 각(カク)
k(カ行) h(ハ行) 韓(カン)・ 한(ハン)
h(ハ行) p(パ行) 拍(ハク)・박(パ

なんでこんなことになったのか、この変遷を図で整理してみます。

日本に漢字が入ってきたとき

以下の図では、同じ色が同じ発音(子音)を表します。
「韓」の字が日本に入るときに発音が変わっていることがわかりますね。

f:id:o_tomomichi:20161126002013p:plain

  • 「k」で発音する「各(カク)」は、そのまま日本語でも「k」発音で受け入れました。
  • 「h」発音の「韓(ハン)」は、日本で「ハ行音」がなかったため、近いと思われた「カ行音」で受け入れました。
  • 「p」発音の「拍(パク)」は、日本でもそのまま「p」発音で受け入れています。

日本の「はひふへほ」が、この頃は「パ行音」=「p」発音だったため、
表記は「はく」ですが、発音は「パク」のままだったということですね。

日本でハ行音が変化

f:id:o_tomomichi:20161126002056p:plain

しかしこのあと日本語でハ行の音が変化したことで、パ行音も巻き込んでもうひとひねり複雑な状態になりました。

前述したように「はひふへほ」の発音が「パ」→「ハ」に変わった結果、「パク」の音のまま輸入していた「拍」の発音が、日本では「パク」→「ハク」に変化してしまっています。

ひらがなの表記は「はく」のままですが、同じ文字に対する発音が変わってしまったため、元の音と乖離する結果になったのです。

日本語の「パ」発音は一度なくなったあと、後年に復活し、主に西洋からの外来語の発音に用いられることになります。

まとめ

これでカ行・ハ行・パ行の複雑な関係がちょっと見えてきました。

まとめると現在日韓で発音に違いが出ている理由は2つあって、

  • もともとハ行音だった単語を、日本語ではカ行音で受け入れた
  • もともとパ行音のまま入ってきた単語が、日本語では途中でハ行音に変化した

ということのようです。

全部日本のせいじゃないか!と言いたいところですが、 もちろん他の単語では韓国語側の音が変わっているケースもあります。

まぁ理由がわかればちょっとはおぼえやすくなるんじゃないでしょうか。

おぼえておくと便利な法則

この違いを頭に入れておくと、以下の法則が(だいたい)成り立つことがわかります。

日本語の「ハ行音」と韓国語「パ行音」は互換可能
  • 握(アク)」って言いたい → 「악(アク)」!
  • プンキュ」ってなんだ? → 「ふんきゅ」→「糾」のことか!
韓国語の「ハ行音」は日本語の「カ行音」
  • 국(ハン)」→「カン」→「国」だ!

これは子音だけの話なので、母音も違う場合はそのまま変換しても通じないです。

そしてあくまで基本法則なので、もちろん例外もありますよ、とエクスキューズ。

参考文献