ずるい韓国語

いかに楽して韓国語をおぼえるかを日々研究しているブログです。

声に出してどや顔で読みたい四字熟語【一石二鳥=일석이조(イルソッギヂョ)】

誰かが妙案を思いついたときに言ってあげたいのが、「一石二鳥!」。

ってなかなか日本語でも言わない気もしますが、そこをあえてどや顔で言うのが韓国語上達の近道です(適当)。

というわけで今回は「一石二鳥」を韓国語で言えるようになりましょう。

語彙

表記・発音

일석이조(イルソッギヂョ)

意味

一石二鳥

一つのことをして、二つの利益を得るたとえ。一つの行為や苦労で、二つの目的を同時に果たすたとえ。一つの石を投げて、二羽の鳥を同時に捕らえる意から。▽今では、ここから「一石三鳥」「一石四鳥」などという語も使われる。
by goo辞書

韓国語でも「一石三鳥」とか言うのかは、残念ながら知りません。

解説

音がつながっているのでカタカナ表記だけだと日本語と音が違うようですが、
分解するとそこまで音が違ってる印象はないですね。

  • 「一(イッ)」=「일(イ)」
  • 「石(セキ)」=「석(ソ)」
  • 「二(二)」=「이(イ)」
  • 「鳥(チョウ)」=「조(チョ)」

「一」と「二」は基本の数字語なので、「イル」と「イ」なのも慣れるべし。

「石(セキ)」が「ソク」はちょっと違和感ありますが、
日本語の「イキ・エキ」が「オ」になる発音パターンです。

  • 駅(エキ)= 역(ヨ
  • 分析(ブンセキ)= 분석(プンソ

また「鳥」は「조(チョ)」のままだったらわかりやすいかったのですが、
語頭以外では濁音になるため「ヂョ」になって、ちょっと発音が日本語と離れています。

用例

ー 친구를 당신의 팀에 초대합시다. 友達をあなたのチームに誘いましょう。
일석이조!(イルソッギヂョ) 一石二鳥だね!

関連語

「一」のつく単語は四字熟語でもいっぱいあるので省略。

二 / 이(イ)

「二」の発音は「イ」。 「一」よりがぜん頻出具合は減りますが、基本漢数字なので覚えてましょう。

  • 월(イウォ):二月
  • 산화탄소(イサンファタンソ):二酸化炭素

「二酸化炭素」の発音が似すぎてて、意味もなく使いたくなります。

自分の吐いた息を指しながら笑顔で「イサンファタンソ」と言うことも可能ですが、 できればもう少しいいシチュエーションに出会ったときに使いたい。

石 / 석(ソ

「石」の発音は「ソ」。

日本語とちょっと違いますが、「エキ」→「オク」の変化は他の漢字でもよくあるので覚えておきたいところ。

  • 유(ソギュ):石油
  • 탄(ソクタン):石炭

鳥 / 조(チョ)

「鳥」の発音は「チョ」。ただし語頭以外に来ると濁音化して「ヂョ」になります。

  • (ペクチョ):白鳥
  • 칠면(チョルミョンヂョ):七面鳥
  • (タヂョ):ダチョウ

ちなみに、日本語でも「チョウ」と読むのは熟語になるときで、単体で使いたいときは「鳥(とり)」と読みますよね。

韓国語でも「鳥(とり)」に相当する固有語があって、そちらは「새(セ)」と言います。
日常会話ではこっちの方が使われそう。