ずるい韓国語

いかに楽して韓国語をおぼえるかを日々研究しているブログです。

せめて理由を知りたい発音の違い【「압(アプ)」が「オウ」になる理由】

久しぶりに発音の違い解明シリーズ。

今回は「圧(アツ)」が「압(ア)」になる理由です。

せめて理由を知りたい発音の違い

韓国語でも漢字がベースになっている単語は、日本語と発音も似ていることが多く、日本人にとっては覚えやすい単語です。

ただ中には同じ漢字なのに発音が全然違うものもあり、やっぱり違う言語だからなーと諦めて丸暗記に向かいがち。

違う言語なのでもちろん発音が違うのはしょうがないですが、歴史をさかのぼればなぜいま発音がずれているのか、その理由くらいはわかったりするかもしれません。

丸暗記はしんどいので、理由を知って少しでもロジカルに覚えられるようにしたい、というのがこのコーナーです。

発音違いのパターン

日本語の発音 韓国語の発音
オウ (압)

日本語の発音 韓国語の発音
圧(アツ・オウ) 압(ア
甲(コウ) 갑(カ
挿(ソウ) 삽(サ
答(トウ) 답(タ
納(ノウ) 납(ナ

発音が違う理由

比較対象は「-ou」発音

まず最初に例に出した「圧」はいきなり特殊ケースでした。

他の例を見てもらうとわかるように、このパターンは日本語の「オウ[ou]」が韓国語で「ア[ap]」となるものです。

じゃあなんで「圧(アツ)」がここに入っているかというと、「圧」には「オウ」という読み方もあるのですね。

脅して強制的に書かせた文書のことを、「圧状(おうじょう)」というそうです。なんだそれ。。

圧状(オウジョウ)とは - コトバンク

なので「圧」に関しても「オウ[ou]」→「ア[ap]」という他と同じパターンだということがわかります。

日本語で「ふ」が「プ」だった件

まず韓国語(というか元の中国語)で[ap]の発音が入ってきたときに、 日本語ではこれを「あふ」と書き記しました。

なぜならこの頃日本語のハ行音は「パピプペポ([p])」で発音していたからです。

www.zuru-kan.com

つまり「あふ」と書いて「アプ」と読んでいたため、 このときはまだ原音に近い状態で受け入れていたことになります。

しかし時代が下るにつれてハ行音が[p]→[f]→[h]と変化していったため、 「あふ」の発音は「アフ」に変わっていきました。

ハ行転呼と長音化

この「アフ」からさらに日本語の発音が変わっていきます。

ここからの流れは別の記事にまとめているので詳細はそちらを参照してください。

www.zuru-kan.com

要約すると、まずハ行転呼が起こってハ行音がワ行音に同化しました。

これで「アフ」→「アウ」になります。

それから今度は長音化と呼ばれる変化を起こし、「アウ[au]」→「オー[oː]」と伸ばす音になりました。

まとめ

ようやく現在の日本語の発音になりました。

こうして辿ってみると、元の「ア[ap]」→「オウ(オー)[oː]」と、全然違う音に変わってしまった理由がわかります。

そしてほとんど日本語のせいじゃないか。。

関連語

圧 / 압(ア

  • (オガ):抑圧
  • 저기(チョキア):低気圧
  • 고혈(コヒョラ):高血圧
  • 력(アニョ):圧力
  • 도(アト):圧倒
  • 박(アッパ):圧迫

甲 / 갑(カ

  • 각류(カニュ):甲殻類
  • 을(カプ):甲乙

挿 / 삽(サ

  • 화(サッパ):挿画
  • 입구(サピク):挿入句

答 / 답(タ

  • 변(タッピョン):答弁
  • 안(タパ):答案

納 / 납(ナ

  • 기(ナキ):納期
  • 세(ナセ):納税
  • 품(ナ):納品
  • 득(ナトゥ):納得