ずるい韓国語

いかに楽して韓国語をおぼえるかを日々研究しているブログです。

せめて理由を知りたい発音の違い【「醤(ショウ)」が「장(ジャン)」になる理由】

日本では何でも「油(ショウユ)」をかけますが、韓国語では「고추(コチュジャン)」ですね。

韓国語の「장(ジャン)」も漢字では「醤」で、これはペースト状の調味料、あるいは味の濃い食品の総称のことだそうです。

醤 - Wikipedia

中国語でも発音は「ジャン」なので、また日本語の発音が変わったパターンですね。。

というわけで、今回はこの「ショウ」と「ジャン」の発音の違いを調べてみたいと思います。

せめて理由を知りたい発音の違い

韓国語でも漢字がベースになっている単語は、日本語と発音も似ていることが多く、日本人にとっては覚えやすい単語です。

ただ中には同じ漢字なのに発音が全然違うものもあり、やっぱり違う言語だからなーと諦めて丸暗記に向かいがち。

違う言語なのでもちろん発音が違うのはしょうがないですが、歴史をさかのぼればなぜいま発音がずれているのか、その理由くらいはわかったりするかもしれません。

丸暗記はしんどいので、理由を知って少しでもロジカルに覚えられるようにしたい、というのがこのコーナーです。

発音違いのパターン

日本語の発音 韓国語の発音
ウ・イ ン(ŋ)

日本語の発音 韓国語の発音
醤(ショウ) 장(ジャン)
場(ジョウ) 잔(チャン)
明(ミョウ・メイ・ミン) 명(ミャン)

発音が違う理由

「ン」がなかったので「ウ」

よく例に挙げられる単語として、「明」を考えてみましょう。

この漢字の読み方は、

呉音 漢音 唐音
ミョウ メイ ミン

となります。

この末尾「ン」は[ŋ]の音ですが、呉音・漢音が入った当時の日本語には まだ撥音「ン」は存在せず、「ウ」「イ」の音で受け入れていたようです。

  • 呉音:〜7世紀遣唐使以前に入ってきていた音(中古音)
  • 漢音:7~8世紀に遣唐使経由で入ってきた音(唐代)
  • 唐音:鎌倉時代(12世紀)以降に入ってきた音(宋代)

唐音の時代には日本語に撥音「ン」ができており、 原音に近い「ミン」で受け入れるようになっています。

「アウ[au]」→「オウ[ɔː]」

さらに、「明」の場合、呉音の現在の読み方は「ミョウ」ですが、 音が入ってきた当時は「ミャウ」だったと考えられます。

日本語は中世に大きな変化を遂げていますが、そのときに「長音」が生まれ、 連続母音「あう(au)」が「[ɔː](開音)」に変わりました。

中世日本語 - Wikipedia

その結果、「ミャウ」→「ミョウ」と変わり、現在に至っています。

「ウ」→「イ」

呉音で「ウ」にうつしていた音が、漢音では「イ」になっています。

これについては定説はないようですが、中国側で[ŋ]の音が多少変化し、それが日本語の音に反映されたと考えられるようです。

まとめ

「リャン」「ミャン」「ジャン」などの音が、 いかにも中国語・韓国語っぽい発音と感じられる原因がわかったような気がします。

日本語では入ってくるときに「ウ」「イ」に変わっているので、こういう音があまりないのですね。

ただ対応関係さえわかればかなりの数の単語に適用できるルールなので、 覚えておいて損はないと思います。

参考

湯澤質幸・松崎寛(2004) 『音声・音韻探求方 日本語音声へのいざない』 朝倉書店(シリーズ<日本語探求法>)pp.81-90