ずるい韓国語

いかに楽して韓国語をおぼえるかを日々研究しているブログです。

せめて理由を知りたい発音の違い

せめて理由を知りたい発音の違い【「압(アプ)」が「オウ」になる理由】

久しぶりに発音の違い解明シリーズ。 今回は「圧(アツ)」が「압(アプ)」になる理由です。

せめて理由を知りたい発音の違い【「醤(ショウ)」が「장(ジャン)」になる理由】

日本では何でも「醤油(ショウユ)」をかけますが、韓国語では「고추장(コチュジャン)」ですね。 韓国語の「장(ジャン)」も漢字では「醤」で、これはペースト状の調味料、あるいは味の濃い食品の総称のことだそうです。 醤 - Wikipedia 中国語でも発音は…

せめて理由を知りたい発音の違い【韓国語でチャ・チ・チュ・チェ・チョが多い理由】

タモリさんの伝説の芸で、「はとバス七カ国語ガイド」というのがあることを今さら知りました。 www.youtube.com めっちゃおもしろい。 各国語っぽくしゃべってるけど中身は適当。 しかしアクセントの特徴をうまく捉えてるのでそれっぽく聞こえます。 という…

せめて理由を知りたい発音の違い【「火(カ)」が「화(ファ)」になる理由】

日本語の「化学(カガク)」は、韓国語で「화학(ファハク)」。 何となく音は似てるけど、やっぱり「カ」→「ファ」の変化が気になりますね。 というわけで今回はこの「カ」が「ファ」になる背景を調べてみたいと思います。

せめて理由を知りたい発音の違い【「チ・ツ」の音が韓国語で「ㄹ(ル)」になる件について】

「達磨」と書けば、日本語では「ダルマ」と読みますね。 漢字だけ見ると「タツマ」と読みそうなものなのに、「ツ」→「ル」に音が変わっています。 ダルマは例外的に日本でも「ル」で読んでいますが、日本語で「チ・ツ」で発音する漢字語は、韓国語ではほぼ「…

せめて理由を知りたい発音の違い【カ行・ハ行・パ行の複雑な関係】

日本語では「韓国(カンコク)」と読むけど、韓国語では「한국(ハングク)」。 「韓」に限らず、日本で「カ行」で発音する音が韓国では「ハ行」になっているケースはよくあります。 今回はこのカ行とハ行、ついでにパ行も合わさった複雑な関係を調べてみた…

せめて理由を知りたい発音の違い【合成母音ㅐ(エ)の漢字語】

日本語の「案内(アンナイ)」は、韓国語では「안내(アンネ)」。 こういう風に、日本語で「アイ」の発音が韓国語で「エ」になっているケースはよくありますね。 今回は「アイ」と「エ」の関係について調べてみたいと思います。