ずるい韓国語

いかに楽して韓国語をおぼえるかを日々研究しているブログです。

いつかきっと役に立つ日本語の話

いつかきっと役に立つ日本語の話【「アウ」が「オー」になった件】

古文を読むと、今の読み方と違う表記がよく出てきます。 そのなかでも「アフ」と書いて「オー」と読むのは、 見た目と読みが大きく違ってて戸惑いがち。 今日はこの変化の歴史を調べました。 古文ちゃんとやった人は覚えてるやつですね。

いつかきっと役に立つ日本語の話【有声音・有気音・激音】

日本語でカ行とガ行などの対比は、「清音」と「濁音」といいます。 これは声帯を振動させるかどうかによる違いで、それぞれ「無声音」「有声音」に該当します。 日本語に限らず諸外国語でも一般的に音の弁別に利用されるものです。 しかし中国・韓国語では珍…