ずるい韓国語

いかに楽して韓国語をおぼえるかを日々研究しているブログです。

いつかきっと役に立つ日本語の話【有声音・有気音・激音】

日本語でカ行とガ行などの対比は、「清音」と「濁音」といいます。

これは声帯を振動させるかどうかによる違いで、それぞれ「無声音」「有声音」に該当します。

日本語に限らず諸外国語でも一般的に音の弁別に利用されるものです。

しかし中国・韓国語では珍しいことにこの区別がなく、 逆に日本語にはない「息を吐く強さ」で音を弁別する仕組みになっています。

知っておけば、日本人が韓国語を話すときに間違いやすいところがわかるはず。

今日はそんな「有声音」と「有気音」「激音」の話です。

続きを読む

せめて理由を知りたい発音の違い【韓国語でチャ・チ・チュ・チェ・チョが多い理由】

タモリさんの伝説の芸で、「はとバス七カ国語ガイド」というのがあることを今さら知りました。

www.youtube.com

めっちゃおもしろい。

各国語っぽくしゃべってるけど中身は適当。 しかしアクセントの特徴をうまく捉えてるのでそれっぽく聞こえます。

という前フリをしておいてあんまり本題と関係ないことに気づいたけど、 日本人が韓国語を聞くと「チャ・チ・チュ・チェ・チョ」の音が多いなーという印象を持ちますね(強引)。

調べてみると、日本語で「サシスセソ」に該当する音がこの「チャ」発音になることが多いようです。 というわけで今回はこの「チャ・チ・チュ・チェ・チョ」問題を調べてみます。

続きを読む

これだけは覚えておきたいミニマム用語集【曜日の表現】

韓国語の曜日表現も、「月曜日」など元になる漢字表記は日本語と同じ。

「月火水木金土日」それぞれの発音は、日本語とほぼ同じのから全然違うのまで様々です。

他の熟語なども一緒に確認して、効率よくおぼえましょう。

続きを読む

せめて理由を知りたい発音の違い【「火(カ)」が「화(ファ)」になる理由】

日本語の「化学(カガク)」は、韓国語で「화학(ファハク)」。

何となく音は似てるけど、やっぱり「カ」→「ファ」の変化が気になりますね。

というわけで今回はこの「カ」が「ファ」になる背景を調べてみたいと思います。

続きを読む

せめて理由を知りたい発音の違い【「チ・ツ」の音が韓国語で「ㄹ(ル)」になる件について】

「達磨」と書けば、日本語では「ダルマ」と読みますね。
漢字だけ見ると「タツマ」と読みそうなものなのに、「ツ」→「ル」に音が変わっています。

ダルマは例外的に日本でも「ル」で読んでいますが、日本語で「チ・ツ」で発音する漢字語は、韓国語ではほぼ「ル」の音になります。
変換ルールの中でもかなり例外の少ないルールなので、覚えておくと超便利。

というわけで今回はこの「チ・ツ」が「ル」になる背景を調べてみたいと思います。

続きを読む

声に出してどや顔で読みたい四字熟語【一石二鳥=일석이조(イルソッギヂョ)】

誰かが妙案を思いついたときに言ってあげたいのが、「一石二鳥!」。

ってなかなか日本語でも言わない気もしますが、そこをあえてどや顔で言うのが韓国語上達の近道です(適当)。

というわけで今回は「一石二鳥」を韓国語で言えるようになりましょう。

続きを読む

そのまま通じるかもしれない韓国語【高速道路 = 고속도로(コソクトロ)】

「高速道路(コウソクドウロ)」は、韓国語で「고속도로(コソトロ)」。
音を伸ばさないのと「ド」が濁らないだけで、ほぼそのまま通じそうですね。

「道路=도로(トロ)」単体でも使える便利な漢字語です。

続きを読む