ずるい韓国語

いかに楽して韓国語をおぼえるかを日々研究しているブログです。

Quick Korean [Level1. 1-1, 1-2] ハングルの基礎

f:id:o_tomomichi:20170212081437j:plain

無料で韓国語を勉強できるサービスを探していたら、Cyber University of Koreaというオンライン大学が提供する「Quick Korean」というのを見つけました。

http://korean.cuk.edu/en/

残念ながら日本語版はないので英語での説明のみですが、英語の勉強にもなって一石二鳥です。

まずはLevel1の1-1から勉強してみます。

レッスン内容

まぁお約束というか、最初の2回「1-1」と「1-2」はハングルの読み方でした。

各レッスンが1時間なので、これで2時間ですね。

発音の仕方、各ハングルを使った単語など紹介してくれるのはいいけど、 さすがに書き順とかまでひとつひとつ丁寧にやるのはやりすぎな気も。。

知ってる人はこの2回は適当に聞き流してもよいかもです。

僕みたいに「ㅗ」と「ㅓ」の違いがよくわかってないレベルの人はちゃんと聞きましょう。

出てきた単語

せっかくなのでレッスンで出てきた単語くらいは覚えようと思っています。

最近使い始めた単語帳サービス「Zuknow」で各レッスンの単語をまとめています。

Quick Korean [Level 1] 1-1 | 友達とクイズで競える学習アプリ zuknow(ズノウ)

Quick Korean [Level 1] 1-2 | 友達とクイズで競える学習アプリ zuknow(ズノウ)

Zuknowおすすめです。

感想

まぁまだ最初なので何とも言えませんが、少なくとも英語の勉強にはなってるのでいい感じです。

続けてみたいと思います。

ちょっとすっきり!漢字語の読み方【生=생(セン)】

「生」は日本語でも読み方が多いことで有名ですが、よく使う音読みは「ショウ」・「セイ」。

どちらも韓国語の「생(セン)」とは違っています。

続きを読む

ちょっとすっきり!漢字語の読み方【減=감(カム)】

「ㅁ」パッチムの単語は、日本語でも語尾「ン」で終わる単語が多くて発音が似ています。

その中で「減」は、「ゲン[gen]」⇔「감(カ)[kam]」と発音がちょっと違います。

読み方

日本語の発音 韓国語の発音
ゲン

発音が違う理由

日本で「漢音」となっている読みが、韓国語の発音に近いようです。

  • 呉音 : ケン、ゲン
  • 漢音 : カン

減 - ウィクショナリー日本語版

ただ日本語でこの「カン」読みはほぼ使われないので、発音が違っているように見えています。

せめて理由を知りたい発音の違い【「압(アプ)」が「オウ」になる理由】

久しぶりに発音の違い解明シリーズ。

今回は「圧(アツ)」が「압(ア)」になる理由です。

続きを読む

いつかきっと役に立つ日本語の話【「アウ」が「オー」になった件】

古文を読むと、今の読み方と違う表記がよく出てきます。

そのなかでも「アフ」と書いて「オー」と読むのは、 見た目と読みが大きく違ってて戸惑いがち。

今日はこの変化の歴史を調べました。 古文ちゃんとやった人は覚えてるやつですね。

続きを読む

せめて理由を知りたい発音の違い【「醤(ショウ)」が「장(ジャン)」になる理由】

日本では何でも「油(ショウユ)」をかけますが、韓国語では「고추(コチュジャン)」ですね。

韓国語の「장(ジャン)」も漢字では「醤」で、これはペースト状の調味料、あるいは味の濃い食品の総称のことだそうです。

醤 - Wikipedia

中国語でも発音は「ジャン」なので、また日本語の発音が変わったパターンですね。。

というわけで、今回はこの「ショウ」と「ジャン」の発音の違いを調べてみたいと思います。

続きを読む